トップ  > きゅっきゅぽん  > Bowing! ボウイング

Bowing! ボウイング

作品紹介

幼くしてヴァイオリンの天才と謳われた少女・久保提凛音(くぼてりお)。
演奏家として将来が約束されているかに見えたが、目標を見失い弾くことに行き詰まり、ステージに恐怖するようになってしまった彼女は、母親の田舎に逃れることになる…
その地で凛音が出会った少年・朝倉てんは、天才的な“耳”を持つ少年だった。
音を見失った少女と音を探す少年。2人の出会いが空高き田舎町にハーモニーを響かせる! 本格弦楽物語!!
  • 作者プロフィール

    きゅっきゅぽん

    きゅっきゅぽん(きゅっきゅぽん)

    9月16日生まれ。福岡県出身。
    2012年、ゲッサン新人賞準グランプリ(『ばさらか!吹部マーチ』)と新人コミック大賞入選(『タキさんちのスパイ』)を同時受賞しプロデビュー。
    その後多数の読切を発表し、2016年『星間ブリッジ』で連載デビュー。
    本作『Bowing! ボウイング』が連載2作目。

既刊紹介

Bowing! 第3巻
最新巻情報
Bowing! 第3巻
2021年06月11日発売
定価: 650円(税込)
人生模様色々4人で、カルテット始動!?

片田舎の町で、弦楽器の調べが引き合わせた4人の人物。

10歳にしてプロデビューするも、絶賛スランプ中のヴァイオリニスト、
中学1年生にして“元”天才の久保提凛音。

同じく中学1年生。亡き母親の“音”を探し続けている
楽器は素人だけど特別な耳を持つ、天然素材少年の朝倉てん。

田舎町の中学校で退屈音楽講師として過ごしていたけど、
凛音とてんとの出会いにより、ヴィオリストとしての“何か”が
騒ぎ始め、弦楽部の創設に踏み切った小野田純平。

そんな純平の大学時代の家庭教師先の家の子で、
音楽エリート一家で窮屈に育ったせいか
ちょっと偏屈な雰囲気まとう高校生チェリスト・五条雪人。

色々デコボコチグハグな4人が
カルテットを組むというのだけど、
コトはそう簡単に運ぶワケもなく……
彼女彼らが美しいハーモニーを響かせる日は
やってくるのか―――!!?

四挺の弦楽器が、田舎町の日々を彩る!
“弓使い”が心に響く、本格弦楽ストーリー第3巻!!

購入する