国境のエミーリャ

国境のエミーリャ

第1話目を読む


  • 作品紹介

    1962年。
    “鉄のカーテン”が降ろされている
    極東の列島。

    東西に分断され、壁に隔てられたトウキョウで
    東から西へ人々逃がす脱出請負人として
    危険な橋を渡る少女・エミーリャを待つ未来は…!?

    “可能性としての東京”を舞台に
    鉄道漫画の旗手が挑む新境地!
    仮想戦後活劇!!

  • 作者プロフィール

    池田邦彦(いけだ くにひこ)

    1965年生まれ。東京出身。
    鉄道関連を中心にイラストレーター&ライターとして活躍。
    2009年、モーニング誌(講談社)掲載の『カレチ』にて連載デビュー後は漫画家として活躍。
    『甲組の徹』『グランドステーション』『山手線ものがたり』『シャーロッキアン!』など、
    鉄道をテーマにした作品を中心に著作多数。

    監修協力/津久田重吾

既刊紹介

国境のエミーリャ 2巻
最新巻情報
国境のエミーリャ 2巻
2020年7月10日発売
定価:本体591円(税別)

仮想戦後活劇、同志諸君待望の第2巻!

作品の舞台は、第二次大戦で本土戦の後に敗戦を迎えた日本。

連合国による分割統治の後、この国は二分され
日本人民共和国(東日本国)と日本国として独立。
それぞれが東西陣営に属する国家となり、
列島には鉄のカーテンがおろされる。

二国の国境には強固な壁が築かれ
東京は、国境の街となった。

1962年の東トウキョウ。
19歳の杉浦エミーリャは、十月革命駅(旧・上野駅)の
人民食堂の給仕係という表の顔と、
東から西へと人々を逃がす脱出請負人という裏の顔を持つ女性。
壁の東側で、エミーリャは様々な人と交錯する。

パリの芸術に憧れる民警の似顔絵師。

敵性スポーツとして禁じられた
野球の傍で生きたいと願う元選手。

西から東へと亡命してきたイギリス人工作員。

偵察任務中に東側に不時着したアメリカ人パイロット。
そして彼の暗殺を狙う、死んだはずのエミーリャの兄!!?

可能性としての東京を描く仮想戦後活劇、
全人民待望の第2巻!!

購入する