Bowing! ボウイング

Bowing! ボウイング

第1話目を読む


  • 作品紹介

    幼くしてヴァイオリンの天才と謳われた少女・久保提凛音(くぼてりお)。
    演奏家として将来が約束されているかに見えたが、目標を見失い弾くことに行き詰まり、ステージに恐怖するようになってしまった彼女は、母親の田舎に逃れることになる…
    その地で凛音が出会った少年・朝倉てんは、天才的な“耳”を持つ少年だった。
    音を見失った少女と音を探す少年。2人の出会いが空高き田舎町にハーモニーを響かせる! 本格弦楽物語!!

  • 作者プロフィール

    きゅっきゅぽん

    9月16日生まれ。福岡県出身。
    2012年、ゲッサン新人賞準グランプリ(『ばさらか!吹部マーチ』)と新人コミック大賞入選(『タキさんちのスパイ』)を同時受賞しプロデビュー。
    その後多数の読切を発表し、2016年『星間ブリッジ』で連載デビュー。
    本作『Bowing! ボウイング』が連載2作目。

既刊紹介

Bowing! ボウイング 2巻
最新巻情報
Bowing! ボウイング 2巻
2020年10月12日発売
定価:本体591円(税別)

それぞれの音を求める、本格弦楽物語!

久保提凛音は、“自分の音”を探す少女。

かつては天才ヴァイオリニストと呼ばれ
10歳にしてプロオーケストラと共演するなど
華々しい道を進んでいたのだけど、
音を見失いステージに立てなくなって
母親の故郷である田舎町に逃れてきた。

朝倉てんは、“母の音”を探す少年。

山奥でちょっと偏屈な祖父と2人で暮らしていて
学校を欠席しがち。周りからは距離を置かれている。
誰も知らないけど、てんは繊細に音を聴きわける“特別な耳”を
持っていて、その耳で亡き母の音を探している。

そんな、あまりに育ってきた環境が違う2人が田舎町で出会う。

凛音が奏でるヴァイオリンの音に、母の音を見つけたてん。

その音に惹かれ、音を奏でる凛音に惹かれ、
自らもその音を出すことを願ったてんは
ヴァイオリンを手にすることに。

天才と呼ばれた少女と、ド素人の少年。
2人の2挺のヴァイオリンは、どんなハーモニーを響かせるのか?

“弓使い=ボウイング”が導く本格弦楽ジュブナイル、
注目の第2巻!

購入する