戦国つながりで……!?

 読者の皆様こんにちは。

ゲッサン編集部の市原です。

 

さて、かなり前にこのコーナーで

僕が学生時代にかなり個人的に大好きだった

「不如帰」という戦国シミュレーションゲームの話を

ちょこっとさせていただいたのですが、覚えていらっしゃるでしょうか?

 

その「不如帰」のゲームデザイナー岡野修身さんが新たに創った

「戦国スピリッツ」というゲームが

「主君伝」「軍師伝」「猛将伝」のシリーズ3作同時発売されました!!

うちの近所のTSUTAYAではすべて売り切れておりましたので、

僕以外にも多くのファンがいたんだなとうれしくなりました。

何とか入手したものの、まだプレイできてはいません。

どうにかして時間を作ってちょこっとでもやりたいものです。

 

まあそんな僕の話はどうでもいいとして、

何故、ゲッサンWEBでこんな話をしているのかというと、

その岡野さんがかなり前から「不如帰」ファンのために

ブログを開設していらっしゃって、

そこで新作ゲームの製作状況などを発表なさっていたのです。

僕もちょこちょこ覗かせてもらってたのですが、

2010年3月15日更新のブログを見てひっくり返りそうになりました。

その日のタイトルは「面白い戦国漫画」。

なんとなんと…

 

信長協奏曲」を絶賛してくれて

いるではないですか!!!!

 

いやー、自分が中学、高校生の頃に好きだったゲームを創り出した方に

ゲッサンの作品を読んで面白いと思ってもらえたというのは

なんだか不思議な感覚です。

時空を超えた的な?

運命を感じる的な?

人生の糸がつながった的な?

 

よくわかりませんが、うれしいです。

今度の打ち合わせの時に早速、石井あゆみ先生にも

教えてあげようと思うのですが、24歳の石井先生的には

「はあ、そうですか。」みたいな反応かもしれない。ちょっと寂しい。

 

何はともあれ、「信長協奏曲」ファンの皆様におかれましては、

歴史・戦国ファンに多大な影響を与えた名作ゲーム「不如帰」の

作り手・岡野修身さんのブログ「如水軒の末弟子」の

2010年3月15日の欄を是非、読んでみてくださいませ。

 

そして、「信長協奏曲」と共に

「不如帰」「戦国スピリッツ」も是非プレイしてみてくださいませ。

 

 

ゲッサン編集部 市原武法