2020年1月号

ゲッサン新人賞結果発表

2020年1月号

佳作

『アマネちゃんが往く!』
『アマネちゃんが往く!』

『アマネちゃんが往く!』 19P
かぶと(19)大阪府

あらすじ

いなくなってしまったネコ・メロンちゃんを探す少女はギターを担いだ“アマネちゃん”に出会う。二人はメロンちゃんを探して待ちを歩く。歩けば歩くほど二人の距離も少しずつ縮まって…

編集部より

作者が描く独特の温かい雰囲気に、編集部一同高評価!これから先はもう少し“読者”を楽しませるという事を意識してみて欲しい。

奨励賞

『ますかれ』
『ますかれ』

『ますかれ』 27P
蝦々廻(22)広島県

あらすじ

女子高生の天世は、上手く表情が作れない事、そしてそのせいで人とのコミュニケーションが上手くとれない事に悩んでいた。そんな中、たまたまネットを見ていると「表情整形」の広告を見つける…

編集部より

セリフ量の多さ・線の粗さなど、これから修正していかなければいけない事も多いが、とにかく強烈な個性と熱量を感じた。ここからの成長に期待大。

『もっけと紺碧』
『もっけと紺碧』

『もっけと紺碧』 39P
神チキ(20)大阪府

あらすじ

夏休みに田舎に帰省中のかずは、裏山にある神社にいるとされている土地神さまのところへ挨拶に行くことになる。しかし、その道中で彼は口から妖怪を産む少女・かのこに出会う…

編集部より

ハッとするような演出など、作者の成長を感じた。ただキャラクターをもっと作れるようにならないと。キャラクターがぶれてしまうと読者はストーリーに没入できないということをいつでも意識して欲しい。

総評

今回も多くのご応募ありがとうございました。その中でも佳作を受賞したかぶとさんの作品は、他の度の作品よりも“キャラクター”がしっかり描けていました!漫画家を目指すみなさんは「漫画はキャラクターだ」とか「キャラクターが勝手に動いてくれる」という言葉を耳にした事があるかもしれません。それは紛れもない事実です。キャラクターを作るのが苦手な人に一度試してみて欲しいのは、みなさんの友人や家族の誰かをモチーフにする方法です。その人の事を知っていれば知っているほどいいモチーフになると思います。例えばあなたのすごく仲の良い友達なら「こういう状況ならアイツはこういう行動を取るだろうな~」って考えやすくないですか?それがキャラクター作りの第一歩目になるかもしれません。来月も「うわ、このキャラ最高!」と我々が唸るような原稿が応募されてくる事を願っています!