2019年11月号

ゲッサン新人賞結果発表

2019年11月号

佳作

『姫川くんは女子力が高い』
『姫川くんは女子力が高い』

『姫川くんは女子力が高い』 16P
柳 真緒(18)京都府

あらすじ

「女子らしさ」を持ち合わせていない高校生・八神のクラスに転校してきたのは、男子なのに女子力がすごい姫川くん。性格の合わない二人だが、姫川くんの考え方に触れるうちに八神の気持ちに変化が…?

編集部より

なによりキャラクターが描けていたことが評価ポイントでした。作品に対する情熱も感じました。今後はもっと「読者」のことを意識した作品作りを心がけて欲しいです。

『Dinasour』
『Dinasour』

『Dinasour』 45P
四島 真(19)広島県

あらすじ

恐竜と人間がペアを組んで相手と戦う「恐竜闘技」。それが盛り上がりを見せる世界で主人公のロッジはメルという一人の少女と出会う。その少女のためにロッジは「恐竜闘技」で優勝することを誓うが――…

編集部より

アイディアがよく、画力・構成力など基本的な技術の高さも感じました。しかし、キャラクターの「気持ち」など非常に重要な部分がまだ描ききれていない印象です。今後はそこを描ききれるように努力していってもらえればと思います。

総評

今回もたくさんのご応募ありがとうございました! 佳作が2本という結果となりました。『姫川くんは女子力が高い』からは他の作品よりも「作者の作品に対する情熱」を、『Dinasour』からは「作画における高い技術」を感じました。このように佳作を受賞した作品はそれぞれ評価されたポイントが異なります。ゲッサン新人賞では「全体的にまとまった作品」よりも「強烈な個性がある作品」を求めています。なので「ストーリーを作るのはめちゃくちゃ自信あるけど絵が…」「絵は誰にも負けないけど面白いストーリーが思いつかない…」みたいに思っている人にこそゲッサン新人賞にチャレンジして欲しいです!(もちろん絵とストーリー、両方に自信がある人もお待ちしております。)では引き続きたくさんのご応募お待ちしております!