6のトリガー

6のトリガー

第1話目を読む


  • 作品紹介

    何者にも属さない、孤高の殺し屋が一人。
    その殺し屋に関して判明している情報は2つ。
    左手に「機械の腕」を装着している事。
    そして、「どんな依頼もたった独りで遂行する」という事―――

  • 作者プロフィール

    原作:タカフミ 作画:銀子(ぎんこ)

    原作:タカフミ(10月15日生)と
    作画:銀子(11月21日生)の二人組。

    ともに「うどんとみかんとなるととかつおの国」四国で生まれる。

    2009年、『THE PRETENDER』で第14回スクウェア・エニックス漫画大賞 大賞受賞(&掲載)。
    その1日後に『ハシるカケるスバる!』が「チェンジH pink」(少年画報社)に掲載。
    2011年、第12回ゲッサン新人賞選外佳作受賞。

    その後読切を3本掲載。
    今回が初の連載となる。

既刊紹介

6のトリガー 4巻
最新巻情報
6のトリガー 4巻
2013年10月11日発売
定価:本体457円(税別)

話題騒然ガンアクション大団円!!

「多重人体」を駆使して、たった独りでミッションをこなす殺し屋…ツバメ!!
自分を殺し屋に育成した遊園地(テーマパーク)を壊滅させ、物語は彼の「能力」の核心へと…!!?

話題のガンアクションは驚愕のクライマックスへ……!!
最終第4巻、必見必読!!!

購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算式を埋めてください *