忍びの国

忍びの国

第1話目を読む


  • 作品紹介

    人を想わず、殺戮を愛し、己の欲のみに従い、生きた者たち…それが伊賀という秘蔵の地に潜む“伊賀忍”である…!!
    時は戦国。闇に潜む忍びの郷で、最強と称される男・無門と、天下を狙う織田軍団の、壮絶なる対決の物語!!
    今、最も注目される小説家、『のぼうの城』の和田竜原作小説を、気鋭の新人漫画家、坂ノ睦が完全漫画化!!
    (原作[忍びの国] 新潮社刊)

  • 作者プロフィール

    和田竜(わだりょう)

    1969年12月生まれ。大阪府出身。
    2003年に、映画脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞。
    2007年、その脚本を小説化した『のぼうの城』で作家デビュー。
    同作はベストセラーとなり、第139回直木賞の候補にも。
    『忍びの国』は2008年発表の、小説第2作目にあたる。

     

    坂ノ睦(ばんのむつみ)

    2006年、『ざんぶとふわり』にて、9・10月期まんがカレッジで入選。
    翌年、同作がサンデー超増刊に掲載されて、デビューを果たす。
    2009年、ゲッサン創刊号より、和田竜氏の原作小説をコミカライズした『忍びの国』で本格連載デビュー。

既刊紹介

忍びの国 5巻 アンソロジー版
最新巻情報
忍びの国 5巻 アンソロジー版
2017年6月12日発売
定価:本体491円(税別)

本編では描かれなかった珠玉のサイドストーリー六編。
和田竜監修、完全描き下ろし特別アンソロジー版―――

無門とお国の、日常と“if”の物語。
平兵衛と次郎兵衛…下山兄弟の光と影。
打倒・伊賀に燃える柘植の怨念の始まり。
織田信雄の行く末…
原作ファン、必読の書。

購入する